トップ / 飲食店の制服のデザインの考え方

飲食店にオリジナルT

飲食店の制服のデザインの考え方

オリジナルTシャツで個性を出す

制服にふさわしいデザインについて、さらに具体的に考えていきましょう。
従業員全員が揃って身につける制服は、デザイン面でも妥協せず、細部までこだわりたいものです。特にお客様の視界に入りやすい上半身は、意識的に認識せずとも自然にお店のイメージを形成していきます。トップスにこだわることは、好印象な制服を考える上でとても大切です。

しかし、第一印象を鮮やかにするデザインにばかり気をとられ、機能性が失われてしまえば、制服としての魅力はなくなってしまいます。
例えばリッチなスタイルのレストランでは、従業員の制服をスーツスタイルで統一するなどして、清潔で上品なイメージを作り上げます。
しかし、かっちりとした制服の場合には、ネクタイやリボンが少し曲がっているだけで途端に不恰好なマイナスイメージにつながってしまいます。
回転率がよく多くの人が出入りし、ばたついてしまうほど繁盛したお店では、細部の装飾へ常に気を配ることは難しいかもしれません。

また、見落としやすいポイントに「スタッフの層」もあります。男女比やそれぞれの年齢層が違っても、誰でも着こなすことができ、かつお店のイメージに合った機能性の高い制服を実現するならば、オリジナルTシャツは外せません。
着心地の良いオリジナルTシャツは、着用する人を選ばず、お店によって異なるコンセプトやテーマカラーを生かした自由なデザインが叶えられます。さらに、基本のデザインを生かしながら、フロアスタッフは白、調理スタッフは黒・・・というようにバラエティ展開もできます。

そして何より、Tシャツはコスト削減に効果的です。
低価格で一枚仕上げられるというのはもちろん、ランニングコストも抑えられます。飲食店では、ドリンクのシミやソースのハネなど、汚れがつきもの。かと言って、汚れた制服を身に着けてお客様の前に立つことはできません。
シャツやベストの場合は、クリーニング代や代替品の用意でもお金がかかってしまいますが、Tシャツなら低予算でも十分管理できるのです。

Copyright © 制服でお店の印象が決まる. All rights reserved.